沖縄本島より南に位置する先島諸島の一つ。
温暖な気候は、南国生まれのアセロラにとって
最適の栽培地となります。
 
 
 
鉄骨ガラスハウス

アセロラの栽培は露地が主流ですが、 当社農園では「鉄骨ガラスハウス」を採用しております。
とても繊細に実るアセロラを、堅牢な鉄骨の骨組みハウスで、害虫や台風から守るための設備です。
また、天井全面はガラス張りとなっており、南国の太陽をたっぷりと浴びれるような工夫がされています。
 
電子水・潅水(かんすい)※水を与えること

「電子水」とは、水に電気をあたえて分子を細かくし、浸透性を高めた水の事です。
その電子水をアセロラにたっぷり潅水しています。細かくなった水は、吸収率が高く、植物の新陳代謝を高め、老廃物の除去に役立ちます。 
 
栽培農家

当農園のアセロラ栽培は、下記の地元農家さんに委託しております。
国内でのアセロラ栽培の歴史は浅く、ほとんどノウハウがない状態で、試行錯誤の末、独自の栽培方法を確立したプロフェッショナル。
質の良いアセロラを安定供給し、「アセロラ100%」を支えている農家さんです。
 
栽培風景 
 
 

                     
 
inserted by FC2 system